放ったらかしは大惨事のもと!早めの雨漏り修理が大切

深刻な雨漏りによる被害

住宅内に水が侵入してしまうと住宅に悪影響が出るため、雨漏りが判明した場合は雨漏り修理を実施しなければなりません。そのままにしておくと住宅全体が傷んでしまうだけでなく、住宅の中に住む人達にも悪影響を与えてしまいます。

雨漏り被害の影響

住宅の耐久性を損ねる
屋根や外壁などの場所から雨漏りが発生すると木材などが濡れてしまい、木が腐って住宅の耐久性が衰えてしまう可能性が高いです。そのため雨漏りが発生しているのを確認した後は、迅速に修理を申し込む必要があります。
身体への影響
雨漏りが発生すると室内に湿気が溜まってしまい、カビが繁殖してしまう可能性があります。カビはアレルギー感染症を発生させる原因になったり、室内で繁殖することで衣類や食品を腐敗させてしまうためとても危険です。
害虫による二次被害
住宅の木材を食い荒らしてしまうシロアリは、湿気の多い場所を住処として活用しています。そのため雨漏りをそのままにしておくとシロアリが住み着いてしまい、住宅内の木材が食害によってボロボロになる可能性が高いです。

知られざる瓦屋根の効果

さまざまな最新型の建築法が登場してきた現在では、瓦屋根を使って住宅を作る方の数は減ってきています。しかし雨漏りを防ぐのに最も高い効果を持っているのは瓦屋根であり、瓦屋根をそのまま使い続けていけば雨漏りが発生してしまう回数を少なくすることが可能です。最近では軽量で防災性にも優れた瓦などが新しく登場してきています。地震や台風などの災害で瓦が割れないか心配な方は、耐震性の高い瓦を使って屋根を作っていきましょう

TOPボタン